別荘建築のノウハウを取り入れた「ヴィラスタイルの家」作りませんか。

ヴィラスタイルでは、別荘建築ならではのノウハウを活かした家づくりをご提案しています

遊びのある「ヴィラスタイルの家」

ヴィラスタイルでは、長年にわたり別荘建築で培ってきたノウハウを一般住宅にも取り入れ、「遊び」のあるリゾートハウスをご提案しています。別荘には遊びの要素が欠かせませんが、これは必ずしも別荘だけに必要なものではなく、一般住宅にとっても大切な要素であると考えています。

遊びと言うと、山登りや遊園地のような観光や娯楽をイメージするかもしれません。しかし、私たちがご提案しているのは、もっと身近なところに感じる「心のゆとり」のようなもの。毎日の暮らしのなかの、ふとした一瞬を楽しめるような住まいの遊びです。

心に「余裕」が生まれる住まい

住宅における「遊び」は、住む人の心に余裕をもたらしてくれるもの。中庭やウッドデッキを設けることで、住まいはとても開放的で楽しい空間になります。スキップフロアや吹き抜けがある家では、日常の何気ないひとコマが、かけがえのない瞬間に感じられます。

「家は広いに越したことはない」と考える方が多いかもしれません。しかし、私たちは「広さは万能ではない」と考えています。広くても味気ない住まいより、狭くても遊びのある豊かな住まい――そこに価値を見いだせる方には、ご満足いただけるご提案ができると自負しています。

楽しさと「便利さ」を両立させたマイホーム

機能だけを追い求めると、住まいはとても味気なくなってしまうことを、私たちは知っています。便利な家になるかもしれませんが、そこでの暮らしに楽しみや面白みを見いだすことはできません。だからこそ、住まいには遊びが欠かせないと考えています。

こう言うと、機能が犠牲になると思われるかもしれませんが、それは違います。遊びのアイデアをふんだんに取り入れながら機能的で使いやすい家――これが、私たちがご提案するリゾートハウスです。動線設計にこだわり、ユーザビリティを高めながら、随所に遊びを盛り込んだ住まいにぜひご期待ください。

ヴィラスタイルの4つのこだわり

01 PURSUIT OF SPACE

空間へのこだわり

リビングと庭の高さを同じにしたり、家のなかにランドスケープ(起伏)をつくったり、視線の長い距離がとれる場所を設けたり――そんな工夫ひとつで空間につながりが生まれます。

家のなかにいながら、外の空間とのつながりを感じられる住まいは、私たちの理想とする住まい。内と外につながりを持たせることで、リゾートのような開放的な空間になり、ゆったりとくつろぐことができます

画像1

画像2

02 PURSUIT OF MATERIALS

素材へのこだわり

コンクリートや硝子、レンガやタイル、スチール、木、石など、自然の素材はみな独特の質感を持っています。そして、素材によって、光や音の反射、伝わる温度、肌触り、近くを通るときに感じる空気が違ってきます。

私たちは、生の素材にこだわり、「素材感」が伝わる家づくりをしています。自然の素材が身近にある家は、私たち人間の五感を心地よく刺激してくれます。

画像1

画像2

03 PURSUIT OF COLOR

色へのこだわり

白やベージュなど、最近の住まいにはあまり色が付いていませんが、日本の昔の建築物には色がありました。淡い色調をベースのカラーにするだけでも、空間の装いは随分と変わってきます。

私たちは、色をバランスよく取り入れた住まいをご提案しています。好きな色に囲まれて暮らす心地よさを、ぜひ感じてほしいと思います。

画像1

画像2

04 PURSUIT OF ORIGINAL DESIGN

オリジナルデザインへのこだわり

扉やキッチン・家具などは、できるだけ既製品は使わずオーダーメイドで製作しています。万人に使いやすく設計された既製品ではなく、デザインの好みや使い勝手に配慮して、オリジナルデザインをご提案するのは、私たちのこだわりです。

オリジナルの家具・設備は空間のアクセントになり、ふとした瞬間に知覚を刺激してくれます。わずかな知覚の変化で暮らしはこんなに楽しくなるんだ、ということを実感していただけるはずです。

画像1

画像2

メールやお電話でのお問い合わせ

由布院ヴィラスタイルのSTYLE GALLERYギャラリー一覧

別荘ギャラリー
別荘ギャラリー
別荘ギャラリー
別荘ギャラリー
別荘ギャラリー
別荘ギャラリー
別荘ギャラリー
別荘ギャラリー

ヴィラスタイルが手掛けた実績紹介

オールフラットで開放感抜群の住まいS様邸

立地的に小高い場所であったため、周囲に堀を設け、建物を下げることで、地面の高さと家の高さをフラットにした住まいです。オールフラットにする最大のメリットは、家の中にいても外にいるかのような開放感があること。駐車場までフラットになっているため、将来、おばあさまが車椅子を使うことになった場合も安心です。

画像1

「昔の家みたいにゆっくりしたい」というお客様のご要望から、広めの縁側と深い軒を設けている。

画像2

中庭を設けることで家全体が広々とした空間に。お風呂があるのも、この中庭の大きな特徴。カーテンやドアの開け閉めでプライベート空間をつくるなど、色々な使い方ができる。

画像3

洗える畳を敷いており、床がやわらかく、あたたかいのが特徴のお風呂。お年寄りが転倒してしまった時のリスクも少なく、ヒートショックの予防にもつながる。

お客様の声

「中庭をつくりましょう!」と言われて、最初は「なんで部屋にしないの?」と思ったのですが(笑)、今は中庭を設けて大正解だったと思っています。家全体が広々とした落ち着いた空間になり、家族で過ごすときはもちろん、お客様が来たときも一緒になってごろごろ寛いでいます。ひと言で言えば、「中庭を中心にぐるぐる回れる家」ですね。段差がないので、子供たちも寝そべったり、走り回ったり。風通しもよく、湿気もうまくコントロールされているので、住んでいて気持ちよく、面白い家です。

ウッドデッキテラスを中心につながりが生まれる住まいT様邸

画像1

ランダムに仕組まれた格子状の窓は、壁2面にL字形でつながっており、空間をより広く感じさせてくれる。

画像2

天井と色にこだわったリビング。勾配天井によって異空間を演出するとともに、ベース色に赤を使うことであたたかみのある雰囲気になっている。

画像3

天井からの照明を減らし、光を置く場所を変えることで、空間に奥行きを出している。暗さと明るさがちょうどいいバランスで併存した落ち着きのある空間。

お客様の声

予算には上限もあるし、そんなに広い家はつくれない・・・(笑)最初は一般的な四角い家を考えていたのですが、それでは味わいがないなと思っていたんです。そこでご提案いただいたのが、中庭のあるコの字形の家。実際に住んでみたら、思っていた以上に広さを感じますね。ウッドデッキの中庭は、まさに「第2のリビング」で、犬も猫もいつもゴロゴロしていて、家族みんなの憩いの場所になっています。ランダムの格子型の窓も、景色がきれいに見えてお気に入りです。普通の窓だったら、こんなにきれいに見えないと思います。壁に色を付けるのは冒険でしたが、すごく落ち着いた雰囲気になりました。友達や親戚が来ると、口を揃えて「いいね」と言ってくれるのが嬉しいですね。

ヴィラスタイル代表からお客様へ

日常に「遊び」を添えるヴィラスタイルの家

私たちは、湯布院の地で長年にわたり数多くの別荘建築を手がけてまいりました。そして今、別荘建築から培ったノウハウを一般住宅にも活かし、「遊び」のあるリゾートハウスをご提案しています。

別荘というのは、その性格上、「非日常」「癒し」といった要素が強く求められます。
こういった別荘ならではの建築ノウハウをふんだんに盛り込んでいるのが、私たちが提案するリゾートハウスです。

住宅における「遊び」は、空間を豊かなものにしてくれ、住む人に楽しみや心のゆとりをもたらしてくれます。ただ便利で快適なだけではない、リゾートのような気分で過ごせる住まいをお求めの方は、ぜひヴィラスタイルにご相談ください。お客様のニーズに合わせた最適なプランを提案させていただきます。

よくある質問

土地探しから相談に乗ってもらえますか?
ヴィラスタイルでは、お客様のご要望に合った土地をご紹介しております。眺望や広さなど、お好みの土地を見つけるお手伝いをさせていただきます。
薪ストーブを導入したいのですが。
近年、住宅に薪ストーブや暖炉を設置するご家庭が増えています。空調や建物の機密性を計画的に設計し、業者との綿密な打ち合わせを重ねたうえ、安全で快適な薪ストーブの設置をご提案いたします。
アレルギーがあるのですが考慮してもらえますか?
はい、大丈夫です。
低ホルムアルデビドの建材や、シックハウス症候群に対応した建材を使用します。設計段階で気になる持病や症状をお話しください。
杉を使った住まいを建てたいのですが。
もちろん可能です。
腐食防止の塗料を塗り、さらに趣きのある色合いに仕上げることで、杉材の魅力を最大限に引き出した外観をつくります。
トータルでいくらくらいかかりますか?
広さや構造、使用する建材、土地の気候などによって金額が変わってきますので、一概に申し上げることはできません。相場としては、平屋で坪55万円~、2階建てで坪50万円~と言われますが、これは一般的な住宅の場合です。ヴィラスタイルの家は、そこに様々な遊びや価値を加えていきますので、少し余裕をみた坪単価で考えています。一般的な相場プラス5万円くらいで、平屋で坪60万円~、2階建てで坪55万円~を目安にしていただければと思います。もちろん、総額が決まっている場合はお知らせください。ご予算の範囲内で、お客様の想いやイメージを最大限に表現できる住まいをご提案いたします。

メールやお電話でのお問い合わせ